nlpを役立てる

学ぶ人々

『世界が学ぶnlp』という記事で、アメリカの大統領や欧米のスポーツコーチがこの学問を学んでいるという話を紹介しました。
nlpとは政治の現場やスポーツの世界で利用されている学問であるということが分かりますが、その他にも、nlpについて学んでいる人はたくさんいます。
でなければ、日本各地で「nlpとは?」というセミナーは開催されていません。当たり前の話です。
「nlpとは?」と問うことは、すなわち、「コミュニケーションとは?」と問うことと同じである。……このように定義してみると、どのような人たちがセミナーで学び、そしてその後、どこで実践しているのかということが分かってくるでしょう。
その顔ぶれを見てみると、まずは、チームを組んだり部下を率いたり、取引先とやり取りをしたりといった仕事をするサラリーマンの人たちが登場します。
「ビジネスで役立つnlpとは」というテーマで開かれているセミナーもあるのです。

学校で、家庭で

その他にもセミナーにはいろんな種類のものがあり、たとえば「学校で実践できるnlpとは」とか、「家庭で役立つnlpとは」といったものも注目に値します。先生向けのセミナーや、お母さん向けのセミナー等があるのです。
学校や家庭という場は、大人が子どもとコミュニケーションを取る場所です。
最近、世の中が荒れてきているせいなのか、子どもたちの心に暗い影が落ち、癒しがたい渇きのような不足感が膨れ上がって事件につながる、というような話が増えてきました。
そんな状況の中、しっかりと彼らと向き合い、導くことが出来る言葉を、コミュニケーションを学ぶことが求められています。そこで、「nlpとは」ということが問われているのです。