世界が学ぶnlp

大統領が学ぶ

nlpとは、1970年代に生まれ、今まで多くの人たちに学ばれてきた学問です。言葉が心に作用するメカニズム。その基本を踏まえた上で、どのような言葉を、どのように使うかを学ぶもの。
それを学ぶことによって、コミュニケーションは円滑になり、私たちは数々の問題を解決に導くことが出来るようになるのです。
国家レベルで、あるいは個人間で、コミュニケーションの不具合や齟齬はいつでも悲しみや苛立ちを生みます。行き違いや悲劇の原因になります。
nlpとは、そういったことを解消するために使える技術として、重宝されているのです。
一説によれば、1990年代からアメリカの議会に立った大統領たちの多くが、nlpを学び、修得していたと言われています。
彼らはアメリカ全土、果ては世界中の人々の心をつかむ言葉で演説を行うのです。ごく控えめに言っても、nlpとは、世界を動かすチカラを持っている技術なのです。

メンタルコーチが学ぶ

世界で活躍するスポーツプレーヤーたち。彼らが鍛えるのは、ワザの技術だけではありません。
大会に向かう心の緊張。双肩にかかる期待から来るストレス。心の圧迫。相手プレーヤーの気迫。そういったものを跳ね返す心のチカラを、養い、鍛えていかなければいけないのです。
メンタルコーチングの必要性については、日本ではそれほどでもありませんが、欧米などでは真剣に深く議論されていて、そこにnlpが役立つとされています。
というわけで、nlpとは、スポーツプレーヤーたちの心を鍛える「メンタルコーチ」を手がけるコーチたちが学ぶ学問でもあるのです。