セミナーで身につける

セミナーという場

nlpとは、どこで学ぶことが出来るものなのでしょうか?
「学ぶ」というからには、やっぱり学校で?いいえ、少なくとも日本においては、「nlpとは何か」ということについて実践的に学べる場所として挙げられるのは、セミナーです。
もちろん、セミナー以外の方法もあります。「nlpとは」という言葉で検索したら、書籍もたくさんヒットするはずです。
本を読んで独学で学ぶという人も、もちろんいらっしゃるでしょう。
しかし、ここでもいくつかの記事に書いているように、nlpとはコミュニケーションの技術。人と向き合ったときに初めて活かすことが出来る学問です。
それを体得するための場所も、やはり「コミュニケーションの場」でなければならないでしょう。
このような理由から、nlpを学ぶための場所として「セミナー」が挙げられるのです。

さまざまなセミナー

nlpとはセミナーを通して学ぶことが出来る学問であるということは上に書いたとおりですが、そのセミナーは日本全国で開催されています。
「nlpとは何か?」という基本について学ぶことが出来るセミナーがあり、実践につながるセミナーもあります。
営業の仕事をしているサラリーマンや学校の先生など、コミュニケーションということを大事にする職種についている人が、実践を学ぶセミナーにその姿を見せています。
あるいは、nlpという学問を実践的に学び、その知識と技術をもとにした仕事をしようと考えている人も、セミナーには訪れます。
セミナーの中には、nlpのトレーナーを目指すことが出来る、資格取得のためのものも、開催されているからです。
nlpの資格は、プラクティショナー、マスタープラクティショナー、トレーナーという3段階で構成されていて、トレーナーになると、セミナーの講師やメンタルコーチングの仕事を行うことが出来るようになります。